суббота, июня 04, 2005

頑張らない

先行き不安な状態で始まった仕事が上手いこと行くはずがなく。
今日も色々と大っぴらに書けないような出来事が。
正直、かなりとばっちりを受けたといっても過言ではないです。
まぁ、いつものことなんですけどね。

しかし、上手いこと行かないからといって、これから上手いことやろうとは毛頭思わず。1人で頑張ろうとしても周囲の環境が許さない場合は、もう頑張るだけムダ。
ムダな努力は極力避けたいものです。

相変わらずのマイナス思考ですが、中途半端に完璧主義を貫いて
燃え尽きてしまうよりかはマシかと思われ。
まぁ、ストレスを溜めないという意味でも有効だし。
とりあえず今回の仕事、終了まで無事に乗り切れるかどうか・・・
それに尽きます。

慌てず、焦らず、適度に諦める。
これが基本です。

| | Comments (66) | TrackBack (0)

вторник, мая 31, 2005

スタート

仕事始めは散々でした。

結局、書類は間に合わなかったし。

スタートの出だしから最悪です。


それに加えて、初めての施設は勝手が分らないもんだから、

どう進めていいものやら、非常に困りました。

ボーっとしてても誰かがお膳立てしてくれるはずもなく。

かといって、やたらにオーガナイズすることも出来ず。

ホント匙加減が難しいです。


あんまり詳しく書くとバレそうなので、多くは語るまい。


昨日怒りに任せて愚痴を書き連ねたら、

あの後会社から予約内容のメールが来ました。

もしかして日記を読んだんでしょうか?

どうでもいいけど。

まぁ、とりあえず多少イライラすることもあるけど、

何とか頑張ろうかと思います。

| | Comments (44) | TrackBack (0)

воскресенье, мая 29, 2005

困ったものです

会社がいい加減で困ってます。

明日から仕事が始まるのに、必要な書類が未だに送られてきません。

患者さんの予約が入った日時を電話で言ったきり、メールなどの文書で氏名・年齢などの詳細を教えてくれません。

書類が届かないこともあって何度も連絡してるのに、電話に誰も出ないどころかコールバックすらありません。

やっと電話がかかってきたと思ったら、さも迷惑そうな対応をされてしまいました。

しかも「今度はこういう感じになるらしいよ」って、今まで全く聞いたことのない、しかも重要な情報をまるで世間話をするかのように言う始末。

更に電話も適当に切り上げられてサッサと切られてしまいました。

もう堪ったもんじゃありません。


それに書類を自宅に送ってくれるのはいいんだけど、いつも郵便番号間違ってるんだよね。

前から指摘してるんだけど、きっと直す気すらないんだろうな。

流石に今回は「辞めてやる!」と思わず言いそうになりました。

まぁ解雇になって失業保険もらうまで粘るつもりなので、ここはグッとガマンガマン。

つーか、こんなアバウトな会社、解雇される前に潰れるんじゃないか?

解雇されるのが早いか、潰れるのが早いか、どっちが先になるのやら・・・。

| | Comments (42) | TrackBack (0)

четверг, марта 17, 2005

ハンコが押せない

印鑑もらいに行ってきました。
無事に済んだとホッとしたのも束の間・・・なんと印鑑が滲んでいた。
どうやら乾かしたはずだったのに半乾きだったらしい。
ショック!!

・・・もしかしてやり直し?と思い、電話で聞いてみたけど、
現物を見ないことには判断ができないと言われ(当たり前か)とりあえず郵送。
何枚もコピーするから印鑑が薄くてもダメなんだと。
・・・終わった後に教えてくれてもねぇ。
いつものことだけど。

しかし、やり直しだったらヤダなー。
多分やり直しっぽいが。
ま、やり直しの場合はもう頼まれないだろう。

印鑑押しはどうも苦手。
ま、今日押したのは私じゃないんだけど。
とにかく、この仕事は向いてないことが新たに判明。
速やかに転職しないと。
ハンコもまともに押せない人間にできる仕事って何だろう。
シャチハタなら上手に押せるんだけどね。

| | Comments (2834) | TrackBack (0)

вторник, марта 15, 2005

進行具合

先週頼まれた仕事を済ませることに。
昨日のうちに半分以上終わらせたので、今日は休むことに。
というか、担当施設の医師が不在だから行っても仕方ないし。

明日は14時までに行かないと。
これを逃すと当分不在らしい。
仕事内容は簡単でも、相手の都合でなかなか予定通り進まない。

まぁ朝一番で行くよりはマシか。
電車もそんなに混んでない時間だし。
でも帰りは混んでるだろうな。

| | Comments (642) | TrackBack (0)

четверг, марта 10, 2005

やっと始まるらしい

もうすぐ新しい仕事が始まるらしい。

その前に、前回の仕事でいくつかの書類に担当医師の印鑑が必要になったらしく、来週中に各施設へハンコをもらいに行くことになりました。
まぁ早い話がドサ周り。
何ヶ所かに印鑑をもらうだけという、子どものお使いチックな仕事。
ウォーミングアップにはちょうどいい仕事かと。

来週からはリハビリだ。

| | Comments (80) | TrackBack (0)

始まらない

3月になったけど、相変わらず仕事が始まらない。
困ったものだ。
もしかして、まだ印刷中とか?

さっさと新しいバイト見つけたいんだけど、予定が立たないとバイトも入れられない。
いつ始まるのか全く見当つかないから、単発の仕事すら入れられないよー。

| | Comments (91) | TrackBack (0)

среда, декабря 22, 2004

訂正三昧

夏の終わりに終わった治験ですが、残務処理は年の瀬も押し迫った今もなお続いています。
書類の提出やら症例報告書の訂正やら、会社の人に言われるたびにウンザリです。

ちゃんと書類を書かなかったテメエが悪いんでしょうが、記入の仕方など良く分からない点を会社の人やモニターに聞いてもたらい回しにされた挙句返答が帰ってこなかったり、いつの間にか他の同僚がその回答を得ていて、しかもその情報はこっちに教えてくれずだったりなので、まぁ、こうなっても致し方ないことだと勝手に思っています。
いくら幽霊社員でも、ここまで蔑ろにされて、都合の悪いときだけお叱りを受けてるとホトホト嫌になります。

今日も書類に不備があったとかで会社の人と訂正に行ったのですが、結局まだ訂正箇所があると言われ、また行く羽目になりました。
会社の人が監督で付いてきてもこれじゃ先が思いやられるな。
どこがどういう理由で訂正が必要なのか言わずに、こことここを訂正して!と言われ、「時間がないから」と、ひたすら焦らされるので、自分の書き方のどこが悪かったのか理由を把握する間もありません。
結局、残ってる訂正箇所がどこなのか見当もつかない状態。
失敗をしながら仕事を覚えていく、といったパターンもあるけれど、テメエでどこがどう間違ってるのかも分からないようじゃ、いくら経っても仕事を覚えられそうにないな。
でも基本的に仕事関係で怒られたりしても、駿河縛りで吊るされたり鞭打ちされたりとかされなきゃ全然平気。
体が硬いから駿河責めは一番きついだろうけどね。

まぁ、そんな長くやるつもりもないし。
日銭が稼げればいいんですよ。
だって将来、露西亜行きになったら、今の仕事にしても看護師にしても向こうじゃ意味ないし。
ちなみに看護師の給料はめちゃくちゃ安いらしい。
それ以前に資格が違うから働けないか。
こりゃ、日本料理でも覚えたほうが得策かもね。

| | Comments (1045) | TrackBack (0)

четверг, ноября 04, 2004

未だ放置プレイ中

11月になりましたが、相変わらず幽霊社員状態。
これも一種の放置プレイなのでしょうか。

放置プレイ中でも普通に給料は支払われているので、特に文句のつけようがないのですが。
心配性な私としては、いつ「金返せ!」と言われるか心配です。

しかし、こんな状態でちゃんとしたCRCになれるのでしょうか。
自己学習にもそろそろ限界。
やはり、どんな仕事も現場での経験が大切なのだろう。
そういえば看護師の免許を取ったときも、学校を卒業したあとの免許取立ての頃は殆ど役立たずだったな。
学校で習ったことより、現場で色んな体験ををしていくことで覚えたことの方が遥かに多いような気がする。
もちろん学校で勉強した基礎があったからこそ、それに肉付けしていくことが出来たんだとは思うけど。

まぁ、何にせよ今の状態では肉付けしようにも土台の部分がしっかりしていないから、もうちょっと勉強しないと駄目だな。
いつも後回しにしている”薬事法”とか”GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)”も勉強しないと。
でも関係法規苦手なんだよなー。

| | Comments (68) | TrackBack (0)

четверг, октября 28, 2004

結局、自宅待機のまま

先週は台風だつたから、と云ふ理由で大學を自主休校してしまつたが、さすがに今日は休む理由がなかつたので行つて來ました。

先週の講義内容は、私の好きなお金の話だつたらしい。
と言つても、新藥を開發するのに必要なお金についてだけど。
とりあへず先週分の資料をもらつて讀んだのですが、今ひとつ理解しかねます。
多分、プリントに書かれたお金の額が多すぎるせいでせう。
日常で大きな数字を扱ふことのない私には、¥4,880,304,000,000と書かれても、いちいち0の位から数へないと一体幾らなのかサッパリ把握できないのです。
ちなみに某社の前年の年商らしいですが。

久々に外に出て、會社や研修先の人に會つたら、何となく氣分がリフレッシュされたやうな氣が。
やはり家に閉ぢこもつてゐるとロクなことはないやうです。
とは云へ、所屬してゐる會社のシステム上、會社に行く必要がないため、幽靈部員ならぬ幽靈社員生活を餘儀なくされてゐますが。
こればかりはどうしやうもないので、家で自己學習をするより仕方ありません。
明日からは今まで學んだことを、少しづつ自分なりにまとめてノートに書くなりしていかうと思ひます。

| | Comments (790) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧